Umiチャレ*るんたった
人生愉しんだもん勝ち 只今、 メンテナンス中に付き見づらくてごめんなさい( •̀ㅁ•́;)
ランキングに参加しています。下記バナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
mamanの呟き

スーパームーン〜満月についてる名称あれこれ

満月あれこれ
mocchi
mocchi
昨夜は満月🌕ご存でしたか?

[/chat]

Umiです。

戻り梅雨の影響で、梅雨明けしたはずなのに、連日の雨・・・
各地で大雨による被害も出ていますね。

そんななか、今夜のお月様は大きなお月様でしたね。
ちょうど、外出して車を走らせていると前方に雲が掛かった大きなお月様が見えました。
目的地についた時、息子からこんなLINEが入りました。

満月LINE

私が月をみたタイミングで息子も月をみて、教えてくれたのです😊
離れて暮らす息子と同じタイミングで空を見上げ、同じ月をみていたなんて✨
こんなこともあるのですね。

大きいキレイな満月のときには○○ムーンと名称が付いていますよね。
今日は一体何むムーンだったのでしょう?

地球に最も近い満月

2022年7月13日(水)夜から14日(木)明け方に見られる月は、今年見える満月のうちで最も大きな「スーパームーン」です。
今月(7月)は月が最も地球に近い満月なのでとても大きく見えるそうです。
国立天文台によると、地球から最も遠い満月に比べて、地球に最も近い満月は視直径が約12%大きく、光っている面積は約26%広い(その分明るい)程度の違いがあるとのことです。
うん、たしかに雲が掛かっていてもそれはそれは大きいお月様でした。

スーパームーンとは?

そもそもスーパームーンとは、天文学の用語ではなく占星術の用語で、明確な定義は無いようです。
では、何を基準として「スーパームーン」と呼ぶのでしょう?

この言葉を広めたNASAの研究所の一つであるジェット推進研究所(JPL)のサイトでは、地球と月の距離が近いときに満月になると、平均的な満月よりも大きく、そして明るく見えるため、これをスーパームーンと呼ぶとしています。

NASAのサイトでも、地球と月の距離が◯km以内の満月という明確な定義はしていませんが、これまでの傾向から、概ね月と地球との距離が36万km以内の満月をスーパームーンとしているようです。

ウェザーニュースより引用

満月にも月ごとの名称が

満月について調べてみると、その月々に呼び名が付けられているのですね!
中には、耳にしたこともある呼び名も。

ストロベリームーン

アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前を、動物や植物、季節のイベントなどになぞらえてつけていたそうです。

1月Wolf Moon 狼月
2月Snow Moon 雪月
3月Worm Moon 芋虫月
4月Pink Moon 桃色月
5月Flower Moon 花月
6月Strawberry Moon 苺月
7月Buck Moon 男鹿月
8月Sturgeon Moon チョウザメ月
9月Harvest Moon 収穫月
10月Hunters Moon 狩猟月
11月BeaverMoon ビーバー月
12月Cold Moon 寒月

知っている呼び名はありましたか?

さて、来月8月のチョウザメ月、なんと8月は五大湖などでチョウザメの漁獲シーズンを迎えるらしいですよ✨キャビアの季節ってことですね😊

毎月、今月は何月かな?と想いを馳せながら月を見るのも楽し良いですね😊

グッデイな一日になりますように(>ω<)
👇お好きなバナーを選んでくださいませ♪ にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村